パーソナルジム経営で失敗しない!4Pで考えるマーケティング

パーソナルジム経営で失敗しない!4Pで考えるマーケティング 起業のための資金調達 – 美容(美容院・ネイル・エステ・フィットネス)
パーソナルジム経営で失敗しないためのポイントとは

ジム経営の成功の秘訣とは

専属トレーナーが個人にあわせたトレーニングを教える「パーソナルトレーニングジム」の人気に伴い、創業件数も増えています。
しかし、その多くが経営につまずき、廃業している面もあります。
この記事では、パーソナルトレーニングジム経営で失敗しないためのポイントを、Product(商品・サービス)、Price(価格)、Place(立地)、Promotion(販売促進・集客)の4P、マーケティングの観点からご紹介します。

1.パーソナルトレーニングジム経営で失敗しないために

専属トレーナーが個人にあわせたトレーニングを教える、パーソナルトレーニングジム。

一般的に専属のトレーナーや栄養士、医師などの専門家がチームを組んで、トレーニングのサポートするため、通常のスポーツジムよりもトレーニング効果が高いと、創業でも人気のビジネスです。

パーソナルジムに限らず多くのビジネスがそうであるように、創業での成功と失敗を分ける要因が4つあります。

その4つの要因とは、Product(商品・サービス)、Price(価格)、Place(流通・立地)、Promotion(販売促進・集客)です。

これらは「4P」と呼ばれるもので、顧客に商品・サービスを届けるまでを最適化し、整合性・一貫性のある経営活動を行うためのマーケティング手法のひとつです。

Product…商品・サービス

Price…価格

Place…流通・立地

Promotion…販売促進・集客

4Pについて、詳しくはこちらの記事をご参照ください。

マーケティングの基本「4P」とは

2.ジム経営を4Pの観点から考える

前述した4つの項目を、ジム経営で失敗しないための重要度の高い順に並べると、次のとおりになります。

① Place(立地)

② Promotion(販売促進・集客)

③ Product(商品・サービス)

④ Price(価格)

それぞれの項目ごとに見ていきましょう。

① Place(立地)

パーソナルトレーニングジムは、通常は週1回以上と、比較的高い頻度で、顧客に店舗へ来てもらうことで成り立つビジネスモデルです。

失敗しないためには、何よりも「立地」が重要です。人通りの多い、交通の便がよいなどの立地のよい場所に、ジムを作るのが定石です。

よくある失敗の大部分は、家賃の安さを優先してしまったケースです。

立地が良いと、当然、家賃は高くなります。家賃は毎月支払う固定の費用にあたるため、高ければそれだけ経営を圧迫します。

家賃が安いからとアクセスのよくない場所にジムを作っても、継続的に顧客に来てもらうのは難しく、利益以前に売上が上がらなくなり、資金繰りが厳しくなるという悪循環に陥ります。

対象とする顧客の属性にあわせて、交通手段も踏まえた立地選びをしましょう。高所得者層が車で来店するのを想定して住宅街の駐車場のある店舗を選ぶのか、社会人が電車で来店するのを想定して駅前の店舗を選ぶのか。

一口にパーソナルトレーニングジムと言っても、想定される客層は様々です。

客層によっては「店舗を持つ必要はない」と判断し、施設のレンタルや公共施設、自宅などの場所を活用するという手もあります。

② Promotion(販売促進・集客)

ジムを作って開店すれば自然と客が来る、ということは絶対にありません。

よくある失敗は、販売促進・集客を後回しにし、徐々に顧客が増えることを期待して、顧客数の増加より先に運転資金が尽きてしまうケースです。

確かに、サービスが固まり切っていない中で、やみくもに顧客を増やす施策を打つことは不安かと思います。

しかし、特に開店直後は、販売促進・集客を最優先に、新規顧客を開拓して売上をあげることに注力すべきです。

リピートしてくれるお得意様も、最初は新規のお客様です。

想定している属性を持つ、新規のお客様をどれだけ集められるかが、ジム経営の成功と失敗をわけるでしょう。

顧客がどのような媒体であなたのジムを知るか、WebサイトやSNS、雑誌広告など、具体的に想像してみましょう。その上で、必要な宣伝媒体に広告を打ちます。開店直後に使う広告費や販売促進費は、計画的に取り置いておくことも重要です。

③ Product(商品・サービス)

創業してパーソナルトレーニングジムを始めようとするからには、あなたにはパーソナルトレーナーとしての強み、他の人と差別化できる要素があるはずです。美容目的の体づくりが得意、健康目的の体づくりが得意、肩書きや資格、何かしら権威ある賞を受賞した、といったものでも構いません。

立地もよく、集客もきちんと行ったジムが経営に失敗しているとしたら、あなたがもつ「強み」が顧客に伝わっていないことが考えられます。あるいは「強み」が、想定している客層とマッチしていない可能性があるかもしれません。

サービス作りのとき、しっかりと市場調査を行い、想定する属性を持つ顧客の体づくりの課題を把握しましょう。あなたの強みが、課題を解決できるのであれば、潜在的なニーズはあります。

サービス内容の説明が、素人でもわかるかどうか、トレーニングに詳しくない家族や友人の意見も聞いてみるのもよいでしょう。

また、WebサイトやSNSを活用し、顧客のトレーニング前・後のフォローをする仕組みが作れると、リピートにつながりやすいでしょう。

④ Price(価格)

パーソナルトレーニングジムを創業するにあたって、店舗の内装や器具にこだわりすぎてはいけません。

創業時の出費が多ければ、資金繰りに影響し、回り回って価格に影響します。

パーソナルトレーニングジムにとって、重要なのはサービス内容で、店舗の内装や器具は必要最低限で構わないはずです。プレゼントの中身のためにあるはずの箱やラッピングに注力してしまわないよう、気をつけましょう。

一番よいのは、できるだけ小さく必要最低限から、スモールスタートで始めることです。器具などはリースやレンタルの方がよいでしょう。

消耗品も、本当に必要かを客層も考えながら、よく検討しましょう。

一般的にパーソナルトレーニングジムであればシャワーが必須ですが、水回りの施設はトラブルがつきものです。床の底が抜けない構造の建物であること、水漏れの危険性を考えて1階の物件を選ぶことをおすすめします。

パーソナルジムを開業したい!どのくらい資金は必要か?

当サイトを運営しているSoLaboでは経営者の方の資金調達サポートを行っております。創業前や創業後すぐに計画的に資金調達をしておくことで倒産の可能性を下げることができますので、不安のある方はぜひお気軽にご相談ください。

SoLaboにメールで相談する

SoLaboに電話で相談する

まとめ

パーソナルトレーニングジム経営で失敗しないためのポイントを4Pというマーケティングの観点からご紹介しました。

経営は想定する客層、顧客の属性との兼ね合い、バランスが重要です。

失敗しないために、立地、集客、サービス、価格に一貫性があり、整合性が取れているかを確認しましょう。

一番失敗しないのは、スモールスタートです。いきなり大きく店舗を構えて大々的に始めるのではなく、新規顧客を少しずつファンにしていくような、試行錯誤を繰り返せる、余裕のある創業がよいでしょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。