着物レンタル業の経営で重要なポイントは?

歳を取ったからこそできる!着物レンタル業での独立は人脈がキーポイント 起業後の資金調達 – リース・レンタル
起業後着物レンタル業で上手に経営していくためには

趣味の着物好きが高じ、定年後に何か始めてみたくて、着物レンタル業を始めてみた。

最近の着物レンタル業は、大手企業だけでなくご年配の個人の方が開くお店がたくさん成功しています。

着物レンタル業の起業後で大切の一つは「人脈」です。今回の記事では、着物レンタル業を起業後に必要な知識やノウハウをまとめてみました。

1.元々は別の業種で働いている人が多い

着物レンタル業をしているオーナーは、保険会社や美容師といった全く異なる業種から独立した方が目立ちます。しかし着物への知識や経験がないわけではなく、1~2、3年程度呉服店で働き、趣味が着物集めだという経緯から着物レンタル業へシフトしています。

 着物レンタル業では、着物だけでなくバッグや草履などの小物はもちろん、写真撮影、ウェディング会場での受け渡し、ヘアメイクなどの幅広いサービスが求められています。どれだけお客様の要望に細かく応えられるか、これが人気店になるために重要なポイントです。

 2. 着物レンタル業の起業は最近、50~60代が多い!

画像

呉服屋さんのオーナーでは、70代の方が現役としてバリバリ働いています。他業界よりも着物という奥が深い和の世界ですので、オーナーにも必然的にそれなりの年齢が求められるのでしょう。

 着物レンタル業で必要なのはまず豊富な着物の仕入れ、そして良い仕入れをするには着物に対する知識と人脈がなくてはいけません。これまで別業界で働いていたからこそ、ウェディング業界やカメラマン、呉服屋さんなどの別業界に関わる人材を紹介してもらえることもあるようです。

 3. 着物レンタル業で起業後、安定して継続するために

①無理な設備投資はしない!軌道に乗るまでは自宅=店舗でOK

大手と比べ、個人の着物レンタル業は大々的な店舗を構えず、自宅や小規模な店からスタートする方がほとんどです。なぜなら、1着の着物に対し1度のレンタルのみでは元が取れず、3度目のレンタルから始めて利益が出る、というのが通常だからです。

 当面の間は従業員は雇わず一人、または雇うとしてもホームページなどのWebと電話対応の若い従業員を一人ぐらいにしておけば経費も削減できます。

②開業届は出した?

自宅で着物レンタル業をすることは違法ではありません。しかし、最寄りの税務署に開業届を出す必要はあります。開業時はバタバタしていて、届けを出すことを忘れていた!こんな方は是非、開業届を早急に提出しましょう。開業届は開業後、1か月以内に提出しなければいけません。

 ③確定申告はしている?

着物レンタル業で年間の収入が20万円以上になるのであれば、確定申告書を年度末に税務署に提出しましょう。知り合いで確定申告せずに無許可でやっている人がいるから、なんて違法営業をマネするのはNGです。ある日突然、税務署の通知が来ますからね。

 ④ホームページ予約ができるか/多言語に対応しているか

着物レンタルはWeb予約が主流なので、ホームページ上で予約フォーマットを組み込むと電話対応をする手間もかからずに便利です。ホームページ、予約フォーム。聞いただけで面倒!と苦手意識をもつ方もいらっしゃるかもしれませんが、Google AppsというGoogleの提供するクラウドアプリのフォームを使えば、簡単に予約フォームが作成できます。

 外国人はホームページからの予約をする方が多いので、外国人をターゲットにするのであればホームページも2か国語対応にし、わかりやすいサイト作りにするべきです。

 ⑤着物レンタル業のジャンルを知る

画像

着物レンタル業は浅草界隈や京都などでの観光者向けのもの、六本木付近の外国人向けのもの、子供向けの七五三など、いくつかのグループに分かれています。

 ・観光者向け着物レンタル業

京都や浅草といった観光地でも着物レンタルは重宝されます。いつもと違った新鮮な気分を味わうべく、若い年代のグループ同士や女子会、そして30~40代の女性グループも着物レンタルの顧客層です。着物レンタルは最安値で2500円~から、振袖であれば8900円~が相場です。

 外国人向け着物レンタル業

Google検索の結果を見ると分かりますが、今現在、日本人よりもむしろ外国人の方が着物への関心は強い傾向にあります。外国人向けの着物は観光中の写真撮影や散策向けで使われる場合が多いので、軽く、そして鶴や松竹梅などの古典的な柄が好まれます。価格の相場は1名5,000円~、グループ割引で3,000円前後です。

 ・子ども向け着物レンタル業

子供向けの着物レンタルは大手が多数算入しているので、競争が激しい分野となります。元々子供が好き、子供に関する仕事をしていた(教育関係、保育士など)のであれば、その点を広告でアピールすることも可能です。

・結婚式向け着物レンタル業

お呼ばれ結婚式での訪問着やお色直しの振袖など、結婚式向けの着物レンタルは安定した需要があります。しかし、ウェディングドレス業界も同時に着物をレンタルしている場合が多いため、他社を十分に研究し、価格や着付けなどで勝負をする必要があります。

 ④自前か、レンタルのためのレンタルをするのか

振袖であれば振袖業者にマージンを払い借りる、という手も一つでしょう。高価な振袖を自前で豊富に仕入れるのであれば、経費がかさみます。しかし、比較的リーズナブルな価格の着物や「これはお客様に喜んでいただけるだろう」と思われるこだわりの着物であれば、自前で保管しましょう。

⑤口コミを増やそう

大手の着物レンタル店と戦うには、きめ細かいサービスや接客がものを言います。大手の場合、着物にさほど詳しくない若手が担当することもあり、非常にマニュアル通りの接客です。それを逆手に取り、地域の情報冊子や観光本への広告などできめ細かいサービスをアピールして集客しましょう。

 4. 着物レンタルで融資を受けるのは可能?

着物への知識や着付けといった面では年齢が高いことに対するデメリットはありません。しかし、資金調達の面では年齢が高いということで融資の審査で不利な評価となることがあります。既に60代なのであれば、1,000万円を返済期間15年で借りた場合、返済期間中に病気になったらどうするのか、という健康上の問題があるからです。

もっと着物の種類を増やしたい、ホームページに予算をかけたい。こんな希望があるのであれば、日本政策金融公庫がオススメです。開業後2年以内であれば、優遇金利で融資を受けられる可能性があります。。

 まとめ

 着物レンタルは普段着物を着ない我々日本人にとって、気軽に着物を着られる人気のサービスです。美容業界、ウェディング業界など、類似する他業界からの参入も多いため、モノを言うのは着物の知識や品ぞろえだけではなく、接客です。お客様の求める着物を仕入れするのであれば、日本政策金融公庫での融資を検討しましょう。

資金調達で悩むならまずは専門家に相談を!融資専門の無料相談と資金調達Q&Aは

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。