飲食店経営者の年収っていくらくらい?

飲食店経営者の年収っていくらくらい? 起業後の資金調達 – 飲食(飲食店・外食・デリバリー)
飲食店経営者の画像

飲食店経営者の平均年収を見ていこう!

現職から独立して飲食店の開業を考えている方は多いかと思います。 しかし、飲食店を経営するには仕入れや内装費、人件費などの費用が掛かります。 それでは飲食店経営者はだいたいどれくらいの年収を得ているのでしょうか? 今回は飲食店経営を考えている方が気になる飲食店経営者の年収について詳しく説明していこうと思います。

1.飲食店経営者の平均年収

「日経レストランONLINE」の発表によると、飲食店経営者の平均年収は627万円となっております。2017年における全国の平均世帯年収は545万8000円ですので、飲食店経営者の年収は全国の平均よりは高くなっております。また店舗経営者の場合は平均所得が940万円となり、一般的な社会人の2倍近い所得を得ていることになります。

しかし、飲食店には赤字のお店が多いのも事実です。赤字店経営者の平均年収は300万円となり、黒時点経営者の半分以下という事になります。

飲食店経営者 年収 図1

 

2.飲食店経営にかかる費用

飲食店が利益を上げる事を阻む要因として、必要となる経費が多いことが挙げられます。

飲食店経営で年収と上げるためには、必要な経費をしっかりと把握して利潤を上げるようにしなければいけません。以下では、飲食店経営にかかる主な経費についていくつか説明していきます。

(1)F/Lコスト

飲食店経営者 年収 図

F/Lコストとは食材などの材料(Food)と人件費(Labor )の合計金額の事です。売上のうち、F/Lコストが何%くらい占めているのかという比率をF/L比率といいます。

F/L 比率が高い飲食店ほど、原価率が高く利益率が低いという事になります。そのため利益を上げたかったらこの部分を上げるようにしましょう。

食材の原価は高すぎるとお店の経営を圧迫しますが、低すぎるとお客様からの満足を得る事が難しくなります。そのため、適切な原価となるようにメニューなどで工夫する必要があります。

人件費も高すぎるのも問題ですが、低すぎると人手が集まりません。予想される忙しさや仕事量から何人の従業員をどれくらい働かせるのか、しっかりと計算しておきましょう。

(2)水道光熱費

店舗を維持するに必須の費用です。しっかりと節約していないと意外とかかってしまいますので、日頃から授業員にまで節約の意識を持たせるようにしましょう。

(3)家賃

飲食店経営者 年収 図3

店舗を借りるには賃料が必要です。駅前など人通りが多い場所に店舗を借りたい場合は、賃料もそれなりに高くなります。しかし、新規のお店を多くの人にアピールするには人通りが多い場所に開店する必要があります。

賃料が安くて、比較的人目につきやすい店舗を探すにはそれなりに大変ですので頑張りましょう。

(4)広告宣伝費

お店の集客力を高めるための宣伝にかかる費用です。

具体的に言えば、ホームページの管理費やチラシの作成費用、グルメサイトへの掲載費用などがあり、宣伝活動全般に関わります。

 

3.飲食店経営で年収を上げるコツ

飲食店経営ではさまざまな費用がかかることがわかりましたが、その中で売上を伸ばし年収を上げるにはどのようにすればよいのでしょうか。

(1)多店舗経営

飲食店経営者 年収 図4

年収1000万円を超える飲食店経営者の多くは店舗を多数展開し経営していく方が多いです。一般的な飲食店経営者の年収を年商の10%だとすれば、年収1000万円稼ぐには年商1億円必要です。年商1億円稼ぐには月商840万円稼ぐ必要がありませが、これは現実的ではありません。

しかし、多店舗経営する場合はどうでしょうか?月商420万円の店舗を2店舗経営すれば、年収1000万円を超えることが出来ます。

(2)売上の限度を把握する

飲食店経営者 年収 図5

飲食店の場合は売上を伸ばそうと思ってもお店の収容能力自体に限度があります。また、客単価にも限界がありますので、1店舗の売上には必然的に限界が生じます。

そのような状況で売上を伸ばそうとすると、回転率を上げるしかありません。確かに回転率が高い店舗は繁盛店のように見えますが、お店の回転率を急に上げようとするのは逆効果です。お店の雰囲気やコンセプトが開業当初から変わってしまい、お客が離れてしまう可能性が高いです。

そのため、無理に売上を伸ばそうとせずに、しっかりと目標とする売上を把握し、継続的にお客に来てもらうことを意識しましょう。

 

まとめ

飲食店経営は成功すれば高い年収を得ることが出来ることから、多くの人が目指します。しかし、実際に飲食店経営を成功させるには、多くのコストの把握やプロモーション戦略の立案などが必要なため、非常に難しいのも事実です。

もし、これから飲食店経営に乗り出すことを考えているという方は是非、この機会に成功のための道筋をイメージしてみましょう。

資金調達の悩みを専門家へ直接相談!→国が認定する専門家一覧

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。