行政書士として高収入を得るためにするべきこととは?

行政書士として高収入を得るためにするべきこととは? 起業後の資金調達 – コンサル・士業
行政書士として高収入を得たい

人に代わっていろいろな書類をつくる行政書士。行政書士は、やりかた次第で開業後に高収入を狙える国家資格を持つ士業の一つです。

育児中の主婦の方で開業している方も多いとか。 けれども、開業前に思い描いたような高収入を得ることはなかなか簡単ではありません。

今回の記事では、「行政書士として開業したけれども、なかなか収入が増えない」方のために、具体的にできるTo Do(=すべきこと)をまとめていきます。

 1.節約編

①安定した収入を得られるまでは、できるだけ不動産賃料をかけずに生活しよう

高収入を得る前の下準備として、不要な経費を削るという節約があります。思うように売上が上がらない時期は、お金に困り、カードローンやキャッシングなどで借入をしがちです。それをきっかけに返済が滞り、最終的に行政書士を廃業するパターンが多く見受けられます。

 行政書士事務所は、収入が安定しない間は契約する必要はありません守秘義務を全うできるキャビネットなどが設置されていれば、自宅を開業場所として登録することも可能です。

 ②無駄な経費かけてない?所得がないうちは一人経営を

従業員を複数人雇って開業したい、または開業したというあなた。まずはあなた一人プラスご家族での経営をおすすめします。

 家族に給与を与えた場合は、確定申告で青色事業専従者給与に関する届出書を提出することになります。この届出書を提出すると、10万円(単式簿記の場合)または65万円(複式簿記の場合)の特別控除が受けられます。

 ③リース中のコピー機の契約を確認しよう

毎月高額なリース料を支払っているコピー機があるのであれば、むしろ高性能で安価な中古コピー機を購入した方が節約になるかもしれません。リース契約により、途中解約で違約金がかかる場合もあります。まずは、どのような契約をしているのか確認してみましょう。

 2.宣伝・広告編

①作ったホームページの出来は?行政書士のホームページ・ルールを知ろう

今や事務所ホームページがないと営業できないとも言われるぐらい、ホームページ(Webサイト)は司法書士とって必須アイテムです。

 競合に勝つため、ついつい過大広告をしがちの方もいるかもしれませんが、行政書士の場合、以下のようにやってはいけない表現があるので気を付けましょう。

 【行政書士がホームページで書いてはいけない表現・ルール】

  • 過去のクライアント名や個人情報を載せた事例を掲載する
  • 〇〇事務所よりも〇円または〇%オトクなど直接比較する
  • 虚偽に価する「100%解決します」などの断定的表現
  • 「お気軽に相談しちゃお~!」などの、品位や信頼性を損ねる表現

 ②名刺はお金のかからない効果的なツール!どこで撒く?

ご存知のように、日本行政書士会連合会に登録されていない方は、名刺に「行政書士」と記載することが100万円以下の罰金となってしまいます。開業もできません。

 しかし、高額な入会金を支払ってせっかく行政書士会へ入会されたあなたは、ぜひ名刺を積極的に広告ツールとして利用しましょう。行政書士会や支部の集まりで声をかけ、名刺を配りまくり人脈を作るのです。また、起業家セミナーなどで会社設立しそうな人に名刺を配るのも効果的です。

 名刺作成費用は、ホームページ作成より大幅に低コストです。顔を覚えてもらうために写真を入れたものやイラスト付きのものなど、名刺デザインも一工夫してみましょう。

 ③【番外編】都電荒川線で見かける行政書士の交通広告とは

行政書士の集客はWEBだけではありません。インターネット検索が嫌いな高齢者などから受注が多いのは、街中で見かける交通広告です。

 筆者が実際に最近見かけた行政書士の広告も、都電荒川線の中でした。電車の中でヒマでしたので、ついつい眺めてしまうのです。交通広告は期間が決まっておりコストもかかるので、新年度の前など人が動く時期に狙いを定めて投入しましょう。

 3.ノウハウ編

①行政書士開業セットってどう?真のノウハウは苦労して得よう

行政書士として成功したい!と藁をもつかむ気持ちでネット検索しまくる方々は多いことでしょう。その中からためになる事例は探すことができますが、100%信頼できるものかは疑問です。信頼できる情報だったとして、それらを活かす行動力がなければいけません

 他の事業でも同じですが、簡単に収入を上げられるのであれば皆とうにやっています。安易な情報にお金を払う前に、図書館でWEB集客の基礎を学ぶ、受注できそうなイベントを企画する、などローコストでできる努力をしていきましょう。

 ②行政書士コンサルに頼っていいのか

行政書士コンサルタントについても同様です。自分でできる努力はすべて行い、それでもまだ経営が安定しない。そして、コンサルタントにお金を支払う余裕があるのであれば話は別です。

 しかし、自分も生活できるかどうかの場合は安易にウマイ話に乗らないことです。今、士業サポートコンサルティング業は非常に多く、玉成混合です。料金体系やサイト自体の信頼性をよく見極めて依頼しましょう。

 3.サービス編

①行政書士の高齢者サポートが増えている

画像

今後、人々がどのようなサービスを求めるのかを考え、それに先駆けて行政書士ならではの書類作成メニューを開発していきましょう。

 例えば、最近多いのは行政書士による「高齢者サポート」です。これは、業院や介護センターなどと行政書士が連携し、行政書士は患者さんを業院に紹介してもらい、代わりに、患者さんの未払金を行政書士が病院に代わって請求する、というような内容の事業です。

②東京オリンピックに乗っかろう

東京オリンピックで行政書士の仕事は増えるのでは、という見方をする識者がいます。東京オリンピックグッズを販売したい企業のライセンス契約のための各種手続き(知的財産権の利用)を行政書士はできますし、今後ますます増えるであろう民泊関連の申請業務もあります。

東京オリンピックを契機に在住する外国人が増えれば、外国人の入管業務という面で需要が増える見込みがあります。

 ③共働き世帯に向け、介護や認知症を背景にしたサービスを導入

今後ますます共働き世帯が増えるという時代背景をめぐり、これまでにはなかった書類作成を依頼される可能性があります。例えば、共働き世帯が抱える介護問題。認知症になる前の家族信託・生前贈与・任意後見などの書類作成でより需要が拡がる見込みです。

 2.行政書士だけでは×!?ダブルライセンスで生き抜こう!

行政書士だけではよほどの経験や運や資金や根性がないと、なかなか成功しないかもしれません。近年多いのは、他の事業をしている行政書士さんです。

 例えば、ハウスクリーニング事業をしながら行政書士をする。行政書士だけでひきこもっていては、お客様を勝ち取れないからです。あなたに他に特技があれば、ぜひ「〇〇の行政書士」として個性を出して受注を勝ち取りましょう。

 まとめ

行政書士として高収入を得るラクな方法は残念ながらありません。しかし、時代の流れにより新たな需要が増える可能性はあります。

あなたの得意分野を生かし、○○できる司法書士として、名刺やホームページでキャラを存分に活かしながら安定収入を目指しましょう。

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。